【学生相談室】平成25年度自殺予防セミナーを開催

 3月18日(火)に本校視聴覚ホールで平成25年度自殺予防セミナーを開催しました。
 本セミナーは、精神保健に関する地域の専門機関の協力により自殺予防に関する知識や技術について学ぶことを通じて、本校教職員及び保護者が、地域の専門機関・専門家とも連携しながら、学生のメンタルヘルスの問題と向き合い、学生が安心して学ぶことのできる環境を整える素地を形成すると同時に、本校と地域の専門機関・専門家との連携を強化する機会を得ることを目的として開催されたものです。
 冒頭に、沖縄県立総合精神保健福祉センター相談指導グループ主幹の冨里トモ子氏より沖縄県における自殺の現状及び地域の取組について説明があり、その後、独立行政法人国立病院機構琉球病院副院長の福治康秀氏が「自殺・自傷と関連したメンタルヘルス不調について」と題し、自殺・自傷の他、うつ病や統合失調症など自殺・自傷と関連したメンタルヘルス不調の概要及び治療方法、自殺・自傷への対応について約1時間30分にわたり講演を行いました。
 セミナーに参加した30数名の教職員は講師の説明に熱心に聞き入り、講演後は活発な質疑応答が交わされるなど、教職員の自殺予防に関する関心の高さがうかがえました。

 


自殺予防セミナーの様子