生物資源工学科教員の共同研究成果「海洋酸性化に耐性を持つサンゴの存在を明らかにすることに成功」が国際誌に掲載

生物資源工学科の井口 亮助教の共同研究成果「海洋酸性化に耐性を持つサンゴの存在を明らかにすることに成功」が、国際誌「Marine Ecology: Impact Factor: 1.177」と「Marine Pollution Bulletin: Impact Factor: 3.146」に掲載されました。詳しくはこちらからご覧になれます。

 

【発表雑誌】
雑誌名1:「Marine Ecology」(2017年6月20日オンライン版)
論文タイトル1:Effects of acidified seawater on calcification, photosynthetic efficiencies, and the recovery processes from strong light exposure in coral Stylophora pistillata(ショウガサンゴの石灰化、光合成効率及び強光暴露からの回復における酸性化海水の影響)
著者1:Takashi Nakamura, Akira Iguchi (Corresponding author), Atsushi Suzuki, Kazuhiko Sakai, Yukihiro Nojiri
論文要旨URL1:http://dx.doi.org/10.1111/maec.12444

 

雑誌名2:「Marine Pollution Bulletin」(2017年6月24日オンライン版)
論文タイトル2:Intraspecific variations in responses to ocean acidification in two branching coral species(枝状サンゴ2種における海洋酸性化応答の種内変異)
著者2:Ayami Sekizawa, Hikaru Uechi, Akira Iguchi (Corresponding author), Takashi Nakamura, Naoki H. Kumagai, Atsushi Suzuki, Kazuhiko Sakai, Yukihiro Nojiri
論文要旨URL2:https://doi.org/10.1016/j.marpolbul.2017.06.061