専攻科2年生の研究成果が国際誌に掲載

 本校専攻科 生物資源工学コース2年生の善岡祐輝(よしおかゆうき)君の研究成果が、国際誌

「PeerJ: Impact Factor:2.2」に掲載されました。

 善岡君は、サンゴのゲノム情報を活用して、サンゴ由来の多糖類分解酵素に関する様々な知見を

明らかにし、その成果を今回の論文としてまとめました。

 

 ○論文名

  Yoshioka Y, Tanabe T,Iguchi A. The presence of genes encoding enzymes that digest

      Carbohydrates in coral genomes and analysis of their activities.PeerJ 5:e4087.2017

 

       

                   (左から安藤安則校長、論文を持つ善岡祐輝君)