本校専攻科生が平成29年度日本学生支援機構優秀学生顕彰優秀賞を受賞しました

 本校専攻科生物資源工学コース2年生の宮里春奈さんが、平成29年度日本学生支援機構優秀学生

顕彰の学術部門において優秀賞を受賞しました。

 優秀学生顕彰は、学術、文化・芸術活動、スポーツ活動、社会貢献活動の各分野で優れた業績を上げ

た学生に対して、これを奨励・援助し、21世紀を担う前途有望な人材の育成に資することを目的と

した事業です。

 

 宮里さんは本科4年生の頃から研究活動に専念し、沖縄のソフトコーラルから新規化合物を単離し、

それら化合物がヒト大腸癌細胞においてアポトーシスを誘導するメカニズムを明らかにしました。

 これまでに筆頭論文が国際学術誌に掲載され、多数の国内学会発表を行っています。

 今回はこれらの業績が認められての受賞となりました。

 

  

                                 東京での表彰式の様子

 

  

                                   校長室での受賞報告