バイオインフォマティクス技術者認定試験合格者報告会

日本バイオインフォマティクス学会の主催する「2017年度バイオインフォマティクス技術者認定試験」に、本校から5名が合格しました。今回は、同技術者認定試験における過去最年少合格者も出て学会表彰を受けました。本校の生物資源工学科には、Illumina社の次世代シーケンサMiSeqも設置され、同学科における様々な研究用途に活発に用いられていますが、そのデータ解析でバイオインフォマティクスの知識・技術が必須となっています。今後も合格者達が、その知識を活かした次世代シーケンサのデータ解析の先導を担って企業様との研究活動の高度化に努めるなど、県内外への波及効果が期待されます。

 


左から安藤安則 校長、合格者の学生達、池松真也教授