第19回高校生小論文コンクールにおいて、本校学生が優良賞を受賞しました

 メディア情報工学科2年生、呉屋愛恵さんの作品「一歩ずつ、夢に向かって」が、第19回高校生

小論文コンクール(応募総数1万点以上)において、個人部門優良賞を受賞しました。呉屋さんは

ICT委員会での受賞に続き、“文理両道”振りを発揮しています。

 受賞報告に訪れた校長室で、すでに受賞作に目を通していた安藤安則校長は、「高専生の強みを

よく活かした素晴らしい作品。これからも大いに活躍をしてください」と激励しました。

 

呉屋さんは、今回の賞を受けて、「これからも常に自分の夢と目標を意識して、高専生活を有意義な

ものとしたい。」と語っていました。

 

  

             校長報告の様子(左から安藤安則校長、呉屋愛恵さん)

 

   

                      表彰状