オグレスビー氏産業開発基金奨学金の授与式を行いました

 平成30年4月3日(火)に、平成29年度オグレスビー氏委託給与奨学生奨学金の授与式が校長室にて実施されました。

同奨学金は、沖縄県工業連合会が、県内産業の発展に長く貢献された故・サムエル・C・オグレスビー氏の功績をたたえるため、オグレスビー産業開発基金を設立し、沖縄県内の工業関係の学校に在籍する優秀な学生を対象に奨学金を支給し、次世代を担う工業人の育成・支援を目的として毎年実施されているものです。

 

 本校では、毎年年度末に第2学年在籍(新3年生)の学生を対象に奨学生候補者1名を選出しており、平成29年度は情報通信システム工学科の比嘉諒人さんが本校の奨学金奨学生として選出されました。

 授与式には、沖縄県工業連合会から呉屋守章会長、我謝育則事務局長、本校からは、安藤安則校長、受給学生の比嘉諒人さん、高良秀彦情報通信システム工学科長、相川洋平3年学科担任らが出席され、はじめに呉屋会長より安藤校長へ同奨学金の委託が行われ、その後、安藤校長より受給者の比嘉さんへ奨学金の授与が行われました。

 

 

[授与式の様子]

  

 

 

(左から安藤安則校長、相川洋平助教、比嘉諒人さん、呉屋守章沖縄県工業連合会会長、高良秀彦教授)