本校技術専門職員の共同教育活動が「日本機械学会教育賞」を受賞しました

 本校の佐竹卓彦技術専門職員(申請時)らの取り組み「世界で通用する制御技術者を育む高専生向けキャンプ・コンテストの実施」が日本機械学会教育賞を受賞しました。

 本賞は、機械工学・工業分野に関わる教育活動において顕著な業績をあげた会員個人またはグループに贈られる賞です。今回の受賞は高専機構とオムロンとの間で継続して行われてきた共同教育プロジェクトの「制御技術教育キャンプ」と「PLC制御コンテスト」による教育活動が評価されたもので、プロジェクトリーダーの上泰准教授(明石高専)をはじめ三谷祐一朗教授(沼津高専)、佐藤拓准教授(仙台高専)、下尾浩正講師(佐世保高専)と共同で受賞しました。