本部町立上本部中学校2年生の体験授業を行いました。

 8月30日(木)、本部町立上本部中学校より2年生15名と教員3名が本校に来校し、機械システム工学科の眞喜志 隆 教授と政木 清孝 准教授の授業を体験しました。

 眞喜志先生の「金属の変形と熱処理」の授業では、銅線やアルミ線、形状記憶合金を使ってそれぞれの金属の特徴について、政木先生の「鉛筆を使ってプラスチックの硬さを測ろう」の授業では、スマートフォンの液晶保護フィルムと鉛筆を使い「硬さ」について学びました。

 授業終了後は、上本部中学校出身の本校学生による夢工場の見学を行い、本校での学校生活や高専ロボコンについて紹介しました。

 今年も出前授業の申込みをしていただいた上本部中学校の先生、朝早くから中学校を出発し体験授業に参加してくれた中学生の皆さん、ありがとうございました。

 

   

   「金属の変形と熱処理」

 

      

   「鉛筆を使ってプラスチックの硬さを測ろう」