本校教職員の研究活動がNHKの取材を受けました

 令和元年11月27日に本校の伊東 繁(名誉教授)、比嘉 修(技術室・技術専門職員)が取り組む衝撃波処理を用いた漆採取技術の開発がNHK解説委員室の取材を受けました。

 

 本取り組みはJSTの平成29年度地域産学バリュープログラム及び2019年度A-STEP機能検証フェーズ(研究代表者:比嘉 修)に採択され実施しています。

文化財保護の観点から重要文化財の修繕に国産漆の使用が義務化され、不足が指摘されている国産漆に対し、衝撃波処理による樹液採取の手法が新たな技術として注目されています。

 

放送予定日は、以下のとおりです。

11月29日(金)総合テレビ10:05-10:15

くらし☆解説「文化財破損 漆の調達は大丈夫?(仮)」

 

左から合瀬 宏毅氏(NHK解説委員室)、伊東 繁、比嘉 修