OKINAWAビジネスプランコンテストで本校学生が受賞しました

 2019年12月17日に開催された「OKINAWAビジネスプランコンテスト『Tech Biz Camp 2019』(主催:一般社団法人トロピカルテクノプラス)」において、本校学生のチームが最優秀賞、優秀賞及び琉球DigiCo賞を受賞しました。受賞したチームは以下のとおりです。

 

〇最優秀賞

チーム名:運だけビジネス(美里幸輝、今村有志、友利太一、伊佐志琉、武村遥彦)

ビジネスプラン名:とま〜る

概要:観光客を対象とする駐車場検索アプリを開発し、レンタカーを使う観光客にリアルタイムで駐車場の利用状況や空き状況を知らせてくれる。使ってもらうことで近隣の店のサービスを受けることが出来る。

 

(写真1)左から安藤校長、「運だけビジネス」チームの皆さんとバイティガザカリ准教授

 

〇優秀賞

チーム名:散歩道にガールズ(大宜見玲、兼本彩加、沢田明空、比屋定亜香、石原さき)

ビジネスプラン名:すごろく

概要:旅の思い出を記録・シェアするのにすごろくを使ってみたら面白そう。

 

(写真2)「散歩道にガールズ」チームの皆さん

 

〇優秀賞(特別枠)

チーム名:R&B(家村一摩、社領一樹、真志喜蒼麻、長濱伶、兼城恵斗)

ビジネスプラン名:道の駅ベーグン

概要:米軍基地内の雰囲気を観光客が体験することができる道の駅(米軍基地内の商品が購入できる

エア遊具で遊べる、ミリタリーに触れられる。)

 

(写真3)「R&B」チームの皆さん

 

〇琉球DigiCo賞

チーム名:Sarachi(赤嶺明之介、山城拓万、呉屋匡哉、多田隈光太朗、玉城玲偉)

ビジネスプラン名:名護市の駐車場事情

概要:従来使用している駐車場の出入り口に新しくセンサーを配置し、センサーで感知した入出庫の 情報をAWSに送信する。駐車場の最大駐車数から空車数を計算する。AWS内で各駐車場の空車率を保存利用者はWebアプリ等を通し空車状況の確認ができる。

 

(写真4)「Sarachi」チームの皆さん