本校学生がシリコンバレーブートキャンプに参加しました

 平成30年2月18日(日)〜23日(金)の日程で米国カリフォルニア州のシリコンバレーで行われた「シリコンバレーブートキャンプ」(主催:国立研究法人情報通信研究機構)に、本校から外間ルイさん(情報通信システム工学科3年)、呉屋愛恵さん(メディア情報工学科2年)の2人の学生が招待され参加しました。

 「シリコンバレーブートキャンプ」は3月7日(水)に開催された「起業家甲子園」の出場権を得た学生に対し、シリコンバレーでの日本人起業家の講演、ピッチイベントへの参加、英語プレゼンの指導など、シリコンバレーでのアントレプレナーシップを学ぶプログラムです。

 参加した2人の学生の今後の活躍が期待されます。

 

‪外間ルイさんのコメント

 研修では英語での講義だけでなく、自ら積極的に英語を使うようチャレンジすることで、自分に自信をつけることができました。また、講演者とのお食事会や、参加者とLT(ライトニングトーク)大会を開くなど、その場だけではない濃い繋がりを作ることができたと思います。毎時間全てが日本では体験出来ない貴重な時間でした。

 

呉屋愛恵さんのコメント

 本プログラムは、まず事前課題や研修があり、基本的な知識とモチベーションを得た上での出発でした。現地では、起業家の方の講義や大学訪問を通してビジネスについての学びも多くありましたが、私は何より熱意とミッションを持ってシリコンバレーで活動している方々の熱い思いに感動し、沢山の刺激を受けました。

 

     

                                                    校長報告の様子

          (左から安藤安則校長、外間ルイさん、呉屋愛恵さん、正木忠勝教授)