【航空技術者プログラム】 コクピット模型をご寄贈頂きました

12月23日(水) に、今帰仁村にご在住の元ANA整備士でいらっしゃる杉原章義様より、手作りのコクピット模型(通称「紙レータ」)をご寄贈頂きました。

頂いた紙レータは、ご自身が実際に整備されていた Bombardier社 の DHC8-Q400型機 のもので、スイッチや計器類を資料を基にして忠実に再現されており、操縦桿やラダーペダルは可動式になっています。

 

本校の航空技術者プログラムが地域にも浸透して、航空業界に興味を持つ学生が増えてもらえることを期待しています。

 

また、奥様は元ANAのCA、息子さんは航空管制官という航空関係の専門家ご一家ですので、今後も特別講義等でご指導頂く予定です。

 

ご寄贈いただいた杉原様ご夫婦

実機の性能諸元プレート

                    紙レータ組み立ての様子