本校学生が「2021年度 溶接学会九州支部 優秀学生表彰」を受けました

一般社団法人 溶接学会 九州支部より2021年度 優秀学生表彰の発表があり、本校から専攻科 創造システム工学専攻 機械システムコース2年・根本 凌汰さんが、以下の特別研究に対し推薦されて表彰されました。

 

研究題目:アークスタッド溶接を応用した異形棒鋼の突合せ接合に関する研究

 

鉄筋コンクリートに使用される異形棒鋼(以降鉄筋)の現場接合は、その90%程度がガス圧接で行われています。しかしガス圧接にはいくつか問題点が残されているため、これを解決する目的で、(有)村吉ガス圧接工業、沖縄県工業技術センターと本校(眞喜志隆教授,津村准教授)の三者間で共同研究が実施されています。根本さんは卒業研究を含めて3年間このテーマに真摯に取り組み、特別研究の内容が優秀であると認められました。

・(有)村吉ガス圧接工業 → http://www.murayoshi.net/ (外部リンク) ・沖縄県工業技術センター → https://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/kogyo/ (外部リンク)

 

【溶接学会九州支部 優秀学生表彰】

学生の溶接・接合工学への関心と学修を奨励する観点から、2020(令和2)年度卒業生より優秀な学生を表彰する制度として設けられたもの(2020年度は”奨学褒賞”の名称だったが2021年度に名称変更)

・歴代受賞者(順不同・敬称略) → http://www.nams.kyushu-u.ac.jp/~gotoh/JWSK/yushug.pdf (外部リンク)

 

 

左から伊原校長,根本さん,津村准教授
(令和4年3月18日(金)卒業式会場(名護市民会館)にて)

 

賞状