第6回高専生サミットにて「地域未来創造賞」を受賞しました

 生物資源工学科3年の安慶名晋之介さん、玉城伶弥さんが、第6回高専生サミットにて「地域未来創造賞」を受賞いたしました。高専生サミットは、主に低学年の高専生が主体的に研究を行い、その成果を発表する場です。対象は、バイオ・材料、それらと融合した機械、電気、情報を含む科学と工学分野で、優秀な発表は表彰され、学会で発表する機会を得ることができます。

 受賞の報告に訪れた学生に対し、佐藤貴哉校長から、今後の研究活動へのアドバイスや激励のお言葉がありました。今後、益々のご活躍を期待しています。

 

※第6回高専生サミットは、鶴岡高専を主幹校とし、オンラインで開催されました。

 

左から佐藤貴哉校長、玉城伶弥さん、安慶名晋之介さん(共に生物資源工学科3年)、

指導にあたった村山裕子特命助教