第14回日本語弁論大会で「最優秀賞」を受賞しました!

 7月16日(土)に名護市国際交流会館において、名護市国際交流協会が主催する第14回日本語弁論大会が開催されました。

 本校から情報通信システム工学科3年 エッサイ セリームさん(チュニジア)、機械システム工学科4年 ムハンマド ナキーブ アミル ビン モハマド アヌワさん(マレーシア)さん、情報通信システム工学科4年 オトゴントゥグス ブヤンデルゲレフさん(モンゴル)の留学生3名が参加しました。短い準備期間の中、スピーチ原稿の作成やスピーチ練習に真剣に取り組み、『あなた次第』というテーマでスピーチしたセリームさんが最優秀賞を受賞いたしました。

 新型コロナウイルスの影響により本大会は3年ぶりの開催でしたが、本校から8年ぶり3度目の最優秀賞受賞となります。

 

 

第14回日本語弁論大会に参加した留学生3名

左からムハンマド ナキーブ アミル ビン モハマド アヌワさん

エッサイ セリームさん

オトゴントゥグス ブヤンデルゲレフさん