学生の活動

  1. ホーム
  2. 学生の活動
  3. アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2022九州地区大会に出場しました

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2022九州地区大会に出場しました

 10月30日(日)に熊本県において、アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2022九州地区大会(通称、ロボコン)が行開催されました。
 今年度の競技課題は、ロボットで飛行機を飛ばし指定場所に乗せて得点を競う大変難易度の高い内容となっており、3年ぶりの対面による現地開催となりました。
 本校からは2チームが出場し、両チームとも受賞することができました!

 

【Aチーム】

ロボット名:美ら海軍
出場選手:宮里翔吾(情報通信システム工学科3年)、新垣美海(機械システム工学科2年)、
     甲本志結(機械システム工学科2年)
受賞名:特別賞(東京エレクトロン賞)

【Bチーム】

ロボット名:うちなーちゃんぷるー
出場選手:中村英誠(機械システム工学科4年)、小濵就(情報通信システム工学科4年)、
     宮里鷹翔(機械システム工学科4年)
受賞名:デザイン賞

 

 Aチームのロボットは、相手の紙飛行機を打ち落とす機構が特徴となっているものでしたが、本番ではトラブルもあり、思うように動作させることができず、残念ながら予選敗退となりました。しかし、事前の計量オーバーのトラブルにも臨機応変に対応したことが評価され、「特別賞:東京エレクトロン賞」を受賞することができました。
 Bチームのロボットは、操縦者の腕の動きをトレースして手づかみで紙飛行機を飛ばすものとなっており、本番では紙飛行機をうまくつかみ、放つことができましたが、得点にならず予選敗退となりました。しかし、ロボットの操作方法や動き、愛嬌あるシーサーのデザインが観客を沸かせたこともあり、「デザイン賞」を受賞することができました。
 今年度も新型コロナの影響により、学生達は中々思うように委員会活動ができない状況でしたが、制限のある中でロボットを作り上げて本番に臨むことができたことは、彼らにとって大変意義のある経験でした。
 今後ともロボット製作委員会の応援をよろしくお願いいたします。  
                     
  
       

      沖縄高専Aチームの大会の様子                 沖縄高専Bチームの大会の様子
 
                                                
         左から佐藤貴哉校長、ロボット製作委員会のメンバー、顧問の安里健太郎准教授

 

最終更新日:2022.11.16